アクセスカウンター
   16.09.01.
 熊本・八代新庁舎:9月議会で設計費計上! 
   
.
プロポで発注か!
.
事業費112億円!
.
.
 新庁舎の建設を計画している熊本県八代市は、早ければ9月補正予 算案に設計費を計上する。委託方法はプロポーザルを軸に検討。予算化後、早急に委託手続きに入り、2016年度内に設計に着手する。
.
 現在、基本構想の策定作業を進めており、たたき台(案)のパブリックコメントが終了。508件の意見が提出された。これらを参考に、5日に開く市民検討委員会で構想をとりまとめる。構想案では集中型と分散型の両論を併記したが、構想は1つに絞る。
.
 9月補正予算案への設計費の計上をにらみ、構想は8月中にもまとめ、市議会特別委員会に報告する。基本計画は設計の中で固めていく。設計は16、17年度を想定。財源には合併特例債を充てるため、18年度の着工、20年度の完成が条件となる。
.
 構想案によると、本庁機能集中型と、千丁支所や鏡支所、鏡保健セ ンターなど4カ所に本庁機能を持たせる分散型の大きく2案で、集中型の施設規模と総事業費は、市民検討委の試算が延べ2万3500㎡で134億円、特別委の試算が延べ2万0495㎡で120億円。分散型は 議会棟を残し耐震改修して利用する。特別委のみの試算で新築部分が延べ1万2400㎡、総事業費が88億円としている。
.
 熊本県八代市は、新庁舎の基本構想案を策定した。本庁方式とし、規模は約1万9000㎡と算定。事業費は約112億円を見込む。構想は8月中に成案化し、9月補正予算案にも設計費を計上し、予算化後、早急に委託手続きに入る。委託方法はプロポーザルを軸に検討している

.
 構想案によると、現在の本庁舎敷地内(松江城町1-25、敷地面積2万3795㎡)に新庁舎を建設する。「八代の過去から未来を見据えたまちづくりと安心安全の拠点」を理念に、ユニバーサルデザインの徹底、防災機能・耐震性能の確保、災害対策活動の拠点機能、省エネルギー対策・グリーン庁舎、八代城跡との調和など景観の配慮、市民に親しまれる議会庁舎などを目指す。また、多目的スペースや市民ロビー、物産展示コーナーなどを配置し、まちづくりの拠点機能も備える。
.
 庁舎規模は、たたき台の段階では総務省基準により職員数799人で検討し庁舎約2万1000㎡、まちづくり拠点機能(約2500㎡)を加え約2万3500㎡としたが、構想案では職員数を700人に見直 し、建設費を抑制するため職員の事務室を圧縮するなどして庁舎約1万6500㎡、まちづくり拠点機能を加え約1万9000㎡に縮小した。
.
 事業費は、建築工事約95億円、その他解体や外構工事などが約10億円、設計費などその他経費が約7億円で、計112億円とした。
.
基本構想策定業務は日建設計が担当。
.