アクセスカウンター
   2024.02.25.
福岡・嘉麻市:公園の草刈り業務・官製談合!
   ..
嘉麻市職員ら4人逮捕!
.
.
 福岡県嘉麻市の職員が公園の草刈り業務の入札に関して、建設会社に予定価格などを漏らし契約者に決定させたとして、2月16日、男女4人が逮捕された。
.
 官製談合防止法違反の疑いで逮捕されたのは、嘉麻市産業振興課の課長補佐・小谷達也容疑者(47)、主査・小鶴文久容疑者(51)、建設会社「日本伝統建築サンジョウ」代表取締役の岩岡宏美容疑者(64)、社員の宗近真澄容疑者(65)の4人です。
.

.
 警察によると、4人は共謀のうえ、嘉麻市発注の梅林公園の草刈りに関する業務委託の見積もりを取る際、サンジョウ側に秘密事項の予定価格を教えるなどした疑い。
.

.

.
 嘉麻市職員の2人は業者選定の業務を担当していて、実際に契約者にサンジョウが選ばれていた。
.

.
 警察は4人の認否を明らかにしておらず、見返りの有無や余罪など調べる方針。市職員へのあっせんは岩岡容疑者の「知人の男性」を仲介して行われたということで警察が詳しい経緯を調べている。
.
 福岡県嘉麻市の官製談合事件で、市と会社の随意契約額が2023年までの4年間にあわせて3000万円以上にのぼっていたことが分かった。
.
 建設会社「日本伝統建築サンジョウ」に予定価格を漏らした疑いで逮捕されましたこの契約は、草刈り業務が終わって1カ月以上経ってから結ばれていたという。
.

.
 捜査関係者によると、サンジョウは2023年6月、今回と別の契約で公園内の作業をしていた際、契約の範囲を超えて草を刈ったという。
.

.
 警察は、契約外の草刈りの報酬を発生させるために小谷容疑者らが不正を働いた可能性があるとみて、金品の見返りがなかったかなど調べる方針。
.
.

.
 嘉麻市はサンジョウと2020年からの4年間で、草刈り業務など少なくとも26件の随意契約を結んでいた。
.

.
 ある嘉麻市の関係者は「年々サンジョウとの契約件数が増え、2022年からは契約の大半をサンジョウが占めていた」と話し、違和感があったと明らかにしている。
.

.
 嘉麻市は2023年10月、小谷容疑者と小鶴容疑者を梅林公園に関わる業務の担当から外していたという。
.

.