アクセスカウンター
   2024.06.03.
鹿児島・霧島市:消防団会費着服・市職員を懲戒処分!
  ..
約86万円着服で停職6カ月!
.
.
会計を担当していた消防団でおよそ86万円を着服したとして、霧島市の50歳代の男性職員が停職6カ月の懲戒処分を受けた。
.
 停職6カ月の懲戒処分を受けたのは、霧島市の市長部局に所属する50歳代の男性職員。
.
 霧島市によると、この職員は地域の消防団で会計を担当していた2023年度、消防団の会費からおよそ86万円を着服した。
.
 職員は「生活費や遊興費に使った」と着服を認め、依願退職している。消防団は、着服金が全額返済されていることから刑事告訴はしない方針。
.
 霧島市の中重真一市長は「信頼回復に職員一丸となって取り組んでまいります」とコメントしている。