アクセスカウンター
   2024.06.24.
宮崎・川南町:児玉助寿議員・がん療養中の町長に「死んで」!
  ..
町議会議員が議会で発言! 
.
.
 6月12日の宮崎県川南町議会の一般質問で、議員ががんで療養中の「東高士町長」に対して「早く死んでもらいたい」と発言した。
.
 問題発言をしたのは、川南町議会の児玉助壽議員(77歳)。
.
 川南町の東高士町長は、2024年2月に胸部食道がんを公表し、入院後、一時公務に復帰していましたが、療養のため6月4日から自宅療養している。
.
 川南町議会の河野浩一議長によると、12日の一般質問で児玉議員は、民生委員などの処遇改善策について質問をする中で、議会を欠席している東町長に対し「早く死んでもらいたい」と発言したという。
.
 議長は発言の訂正を求めたが、児玉議員は訂正を拒否。
その後、この発言は議長権限で取り消され、児玉議員は発言を撤回し、謝罪したという。
.
(川南町議会議員)
「こういうことがありえるか!大問題」
.
 児玉議員は、MRTの取材に対して「町長の体調不良で町政に影響が出ている」として、発言に対する謝罪の言葉はなかった。
.
(Q.言い過ぎたと、ご自身の思うところもあった?)
(川南町議会 児玉助壽議員)
「ほとんど、ないです。町を停滞させないために、職務代理者を据えて町を回すことをしなかったら、町の経済が回らないですからね」
.
 東町長の療養をめぐっては、12日の一般質問で別の議員から職務代理者を置くよう求める声が上がっていた。
.