アクセスカウンター
   2024.07.01.
熊本市オンブズマン・苦情調査:水路払下げ・1件に対応不備!
  ..
1年近く手続き進まず!
.
熊本市の対応に一部不備を指摘・報告書!
.
.
 市民から熊本市に寄せられた苦情を調査する「熊本市オンブズマン」は、2023年度の運営状況をまとめた報告書を市に提出した。77件を調べ、水路の払い下げに関する1件で手続きが1年近く進まなかった事例で、市の対応に一部不備があったと指摘。
.
 報告書によると、2023年度は前年度比6件増の69件の申し立てがあり、継続調査の8件と合わせて対応した。
.
 一部不備を指摘した1件では手続きが一時滞った。機能していない水路の払い下げで、申請者が周辺住民の同意を取ることを条件にしていた。報告書では「相当な時間と手間を要しており、速やかな対応ができなかった」と反省を促した。
.
 職員の伝達ミスや窓口対応に関する19件は、「市の業務に不備はなかった」とした。市の業務に関係なかったり、申立者が直接の利害関係になかったりする33件は「調査対象にならなかった」と判断した。16件は申し立ての取り下げなどがあり、8件は継続調査とした。
.
 市役所で6月5日、代表オンブズマンの崎坂誠司弁護士が大西一史市長に報告書を手渡した。崎坂弁護士は「職員の対応に関する申し立てが多いが、市の指導などもあって改善されている」と話した。
.