アクセスカウンター
   2024.07.01.
尾道市・官製談合:職員と渡部工業所を起訴!
  ..
2023年3月に行われた道路の改良工事でも追送検!
.
.
 尾道市が発注して2023年行われた2つの入札をめぐり、渡部工業所側に工事の最低制限価格が分かる情報を漏らしたとして、市役所の職員が官製談合防止法違反などの罪で起訴された。
.
 起訴されたのは尾道市役所土木課の専門員、高橋宏和被告(51)で、尾道市の土木業者「渡辺工業所」の元社長、大﨑一義被告(58)が入札妨害の罪で。
.

.
 起訴状などでは、高橋専門員は市が発注して2023年3月と6月に行われた道路の改良工事についての一般競争入札で、入札の前に大﨑一義被告側に最低制限価格を算定する際の基準となる、工事費の内訳が記載された設計書を渡したほか、大﨑元社長は、この価格に基づいて入札に参加して工事を落札し、いずれも公正な入札を妨害した。
.
 警察は、23年6月分の入札で、5月に2人を逮捕していたが、その後、23年3月の入札でも漏えいした疑いがあるとして追送検していた。
.
 2人の認否について、検察は明らかにしていない。
.
.

.

.

.

.

.

.

.